言語: 日本語

FabCafe主催『Fabミニ四駆カップ 2014』!!

Shade3D 公式

FabCafe主催『Fabミニ四駆カップ 2014』!!



渋谷で3Dプリンターやレザーカッターなど"Fab"が体験できるものづくりカフェ『FabCafe』の主催で『Fabミニ四駆カップ 2014』が開催されます。

大の大人がFabツールを駆使し、再びミニ四駆に情熱を注げる胸アツなイベントです。


磨き上げた3DのテクニックでFABミニ四駆チャンプの座を狙える格好のチャンス、皆様でご参加されるのもまた面白いかもしれません。

Shade 3Dプロデューサー:坂口秀之

Shade 3D ver.14は、3Dプリントアシスタント機能を搭載。
3Dモデルが3Dプリントでエラーにならないよう、完全自動エラー箇所チェック&半自動で修正ができます。

[3Dプリントアシスタント詳細]
[3Dプリント用 無料フィギュアデータのダウンロード]




ミニ四駆。




かつて多くの男達が熱狂し、ただひたすらに速さを求め研究と改造、そして実戦を積み重ねた最小サイズのモータースポーツ。

そのミニ四駆が今、第三次ブームを迎えています。


(画像提供:FabCafe)


第三次?というと第二次が知らぬ間におこっていたようですが、第一次ブームは1987年頃、第二次ブームは1996年頃にあり、2012年から再度盛り上がりはじめ今第三次ブームにいたっているとのことです。



かつてのミニ四駆は替えのパーツを組み合せ、無駄な重量は手作業で削る。そうして少しでも軽く、速くを追求していました。
しかし、そんなこれまでのミニ四駆の常識を打ち破り、さらなる進化を促す熱いイベントを渋谷FabCafeさんが開催されます。
3Dプリンターやレーザーカッターなど、新しく普及を始めたFabツールをミニ四駆の世界で駆使し、これまでにないほどの"オリジナル"なマシンでそれぞれが競い合うミニ四駆大会『Fabミニ四駆カップ 2014』

3Dプリンターで完全オリジナルフォルムのボディを作り走らせる。
子供の頃には、想像はしても実現はしなかったミニ四駆が、今ならできます。


(画像提供:FabCafe)


しかもこの大会、プロやエンジニアレベルがっつり系の【マジFabクラス】から親子やお子様でも参加しやすい【ビギナーFabクラス】まで3クラスに分けての開催になるので、たくさんの方が気軽に参加できます。

かくいう私どもShade 3D開発チームも参戦させていただく運びとなりました。
大会本番にむけて研究と鍛錬を重ねて、FABミニ四駆チャンプを狙いたいと思います!

皆さんもぜひご参加ください。


(画像提供:FabCafe)


=====FabCafe主催『Fabミニ四駆カップ 2014』=======

イベント公式ホームページ
イベント公式Facebookページ

☆ご参戦には、事前のお申し込みが必要です。

◆日時:
・2014年8月31日(日) 11時頃〜20時

◆場所:
KOIL (柏の葉キャンパス駅前)

千葉県柏市若柴178 番地4 柏の葉キャンパス148 街区2 
ショップ&オフィス棟6階

◆参加費:

・ビギナーFabクラス  
 1)8/31のワークショップ参加者 2,500円(ミニ四駆キットとカスタマイズ付き
 2)8/31のレースのみ参加 1000円 
・カルFabクラス 3,000円  1)3時間のFabツール無償利用 
・マジFabクラス 10,000円  1)5時間のFabツール無償利用  2)ストラタシス社製業務用高解像度プリンタ利用可能

※参加費は参加1台分の費用となります。1チームで2台参加の場合、20,000円となります。消費税込み価格です。

▲ページ上部へ