言語: 日本語
Shade3D 公式
  • Creatubbles Shapeasy MS top
  • Shapeasy ver.1.0 release
  • Top Ver19

すべて表示 | お知らせ | リリース | 導入事例 | 特集記事 | チュートリアル

Adobe製品と連携!⑥

Adobe製品と連携!⑥

Shade3DとAdobe Photoshopとを合わせて使用することによって、複雑なイメージを作成することができます。
今回はShade3Dを始めたばかりのユーザー向けに、Adobe Photoshopと連携して効率的にライティングを調整する方法をご紹介します。

Adobe製品と連携!⑥

Adobe製品と連携!⑥

Shade3DとAdobe Photoshopとを合わせて使用することによって、複雑なイメージを作成することができます。
今回はShade3Dを始めたばかりのユーザー向けに、Adobe Photoshopと連携して効率的にライティングを調整する方法をご紹介します。

Shade3D ver.18 新機能ピックアップ!

Shade3D ver.18 新機能ピックアップ!

Shade3D ver.18に搭載された新機能のうち、以下の機能をピックアップしてご紹介します。
・NURBSに変換
・ブール演算(フローティング式)
・アセンブリ機能
・AI/DXF形式へ3面図出力
・サーフェスの干渉測定

Shade3D ver.18 新機能ピックアップ!

Shade3D ver.18 新機能ピックアップ!

Shade3D ver.18に搭載された新機能のうち、以下の機能をピックアップしてご紹介します。
・NURBSに変換
・ブール演算(フローティング式)
・アセンブリ機能
・AI/DXF形式へ3面図出力
・サーフェスの干渉測定

Topic Shade3D建築&インテリア 実践モデリング講座

技術評論社より、実務で役立つ知識やモデリング方法を紹介した書籍が発売されました。

Topic Shade3D建築&インテリア 実践モデリング講座

技術評論社より、実務で役立つ知識やモデリング方法を紹介した書籍が発売されました。

【重要】Windows版Shade3Dシリーズをご利用のお客様へ

【重要】Windows版Shade3Dシリーズをご利用のお客様へ

Windows版Shade3Dシリーズでは、OpenGL/DirectXのそれぞれの画面描画技術に対応したアプリケーションを提供してまいりました。
今後、より安定した動作を提供するため、OpenGLへの対応をShade3D ver.17をもちまして開発を終了させていただきます。
これにより、Shade3D ver.17以降のWindows版Shade3Dシリーズでは、DirectXを利用した画面描画のみに対応し、OpenGLに関連した以下の機能を終了させて頂きます。予めご了承く

【重要】Windows版Shade3Dシリーズをご利用のお客様へ

【重要】Windows版Shade3Dシリーズをご利用のお客様へ

Windows版Shade3Dシリーズでは、OpenGL/DirectXのそれぞれの画面描画技術に対応したアプリケーションを提供してまいりました。
今後、より安定した動作を提供するため、OpenGLへの対応をShade3D ver.17をもちまして開発を終了させていただきます。
これにより、Shade3D ver.17以降のWindows版Shade3Dシリーズでは、DirectXを利用した画面描画のみに対応し、OpenGLに関連した以下の機能を終了させて頂きます。予めご了承く

Topic ナレッジベース

Shade3Dの基本的な使い方からTIPSなどをまとめたナレッジベースを作成しました。

Topic ナレッジベース

Shade3Dの基本的な使い方からTIPSなどをまとめたナレッジベースを作成しました。

アートディレクター 田村吾郎 vol.2

アートディレクター 田村吾郎 vol.2

半球状映像システムの開発、オペラや舞台の演出、映像制作を手がけているアートディレクター 田村吾郎さん。 第2回目は半球型映像装置「Sphere 5.2」で描く未来をお話いただきました。

アートディレクター 田村吾郎 vol.2

アートディレクター 田村吾郎 vol.2

半球状映像システムの開発、オペラや舞台の演出、映像制作を手がけているアートディレクター 田村吾郎さん。 第2回目は半球型映像装置「Sphere 5.2」で描く未来をお話いただきました。

Adobe製品と連携!①

Adobe製品と連携!①

Adobe製品と連携!の連載開始
Shade3DとAdobe Illsutratorとを合わせて使用することによって、プレゼンなどでより提案力を発揮できる作品を作ることができます。
今回はShade3Dを始めたばかりのユーザー向けに、Adobe Illstratorと連携していきながらフォトリアルなモックアップ制作のチュートリアルを紹介していきます。

Adobe製品と連携!①

Adobe製品と連携!①

Adobe製品と連携!の連載開始
Shade3DとAdobe Illsutratorとを合わせて使用することによって、プレゼンなどでより提案力を発揮できる作品を作ることができます。
今回はShade3Dを始めたばかりのユーザー向けに、Adobe Illstratorと連携していきながらフォトリアルなモックアップ制作のチュートリアルを紹介していきます。

Shade3D チュートリアル blog

Shade3D チュートリアル blog

ft-labによるShade3Dチュートリアル
NURBSによる電話のモデリングからレンダリング、建物の作成、Unity連携など多数ご紹介中!

Shade3D チュートリアル blog

Shade3D チュートリアル blog

ft-labによるShade3Dチュートリアル
NURBSによる電話のモデリングからレンダリング、建物の作成、Unity連携など多数ご紹介中!

アートディレクター 田村吾郎 vol.1

アートディレクター 田村吾郎 vol.1

半球状映像システムの開発、オペラや舞台の演出、映像制作、企業ブランディングなどを手がけつつ、東京工科大学 デザイン学部で空間デザインを教えているアートディレクター 田村吾郎さん。
仕事や授業の中でどのようにShade3Dを使用いただいているのか。そして今なにを考え、何にチャレンジしたいのかを明かしてくれたロングインタビュー。

アートディレクター 田村吾郎 vol.1

アートディレクター 田村吾郎 vol.1

半球状映像システムの開発、オペラや舞台の演出、映像制作、企業ブランディングなどを手がけつつ、東京工科大学 デザイン学部で空間デザインを教えているアートディレクター 田村吾郎さん。
仕事や授業の中でどのようにShade3Dを使用いただいているのか。そして今なにを考え、何にチャレンジしたいのかを明かしてくれたロングインタビュー。

アトリエネット 矢谷竜也

アトリエネット 矢谷竜也

建築パース、プロダクトデザインなど多岐にわたって活躍されているアトリエネットの矢谷竜也さんのインタビューになります。
Shade3Dで作成したものやShade3D ver.17の新機能についてお話を伺いました。

アトリエネット 矢谷竜也

アトリエネット 矢谷竜也

建築パース、プロダクトデザインなど多岐にわたって活躍されているアトリエネットの矢谷竜也さんのインタビューになります。
Shade3Dで作成したものやShade3D ver.17の新機能についてお話を伺いました。

NURBSの特徴とモデリングツール

Shade3D ver.17 Professional に搭載されたNURBS形状の特徴と、専用のモデリングツールについてご紹介します。

NURBSの特徴とモデリングツール

Shade3D ver.17 Professional に搭載されたNURBS形状の特徴と、専用のモデリングツールについてご紹介します。

新機能:その他

Shade3D ver.17 で追加されたコンテンツや新機能をピックアップしてご紹介します。

新機能:その他

Shade3D ver.17 で追加されたコンテンツや新機能をピックアップしてご紹介します。

1|2|3|4|5|6|7|8|9|10 次へ >