言語: 日本語
Shade3D 公式
  • Creatubbles Shapeasy MS top
  • Shapeasy ver.1.0 release
  • Top Ver19

すべて表示 | お知らせ | リリース | 導入事例 | 特集記事 | チュートリアル

ナレッジベース更新

ナレッジベース更新

ナレッジベースを更新しました。 UV展開時に正面側と背面側を別々に投影 (KB6981) ポリゴンメッシュの面を保ったまま、選択された稜線を除去 (KB6984) ポリゴンメッシュで面を構成していない稜線または頂点を削除したい (スクリプト) (KB7004) スクリプトウィンドウでインデントしたつもりでも実行時にエラーになる (KB7011) ポリゴンメッシュのUV面を削除したときのUV値 (KB7008)

ナレッジベース更新

ナレッジベース更新

ナレッジベースを更新しました。 UV展開時に正面側と背面側を別々に投影 (KB6981) ポリゴンメッシュの面を保ったまま、選択された稜線を除去 (KB6984) ポリゴンメッシュで面を構成していない稜線または頂点を削除したい (スクリプト) (KB7004) スクリプトウィンドウでインデントしたつもりでも実行時にエラーになる (KB7011) ポリゴンメッシュのUV面を削除したときのUV値 (KB7008)

Shade3D ニュース Vol.3 Shade3Dの形状表現

Shade3D ニュース Vol.3 Shade3Dの形状表現

Shade3D ニュース Vol.3 Shade3Dの形状表現 本連載では、Shade3D開発Groupよ り、統合型3DCGソフトShade3Dシリーズの機能や関連情報をピックアップして紹介していきます。

Shade3D ニュース Vol.3 Shade3Dの形状表現

Shade3D ニュース Vol.3 Shade3Dの形状表現

Shade3D ニュース Vol.3 Shade3Dの形状表現 本連載では、Shade3D開発Groupよ り、統合型3DCGソフトShade3Dシリーズの機能や関連情報をピックアップして紹介していきます。

Up&Coming125号(4/1発行)HP版公開中!

Up&Coming125号(4/1発行)HP版公開中!

Up&Coming125号(4/1発行)HP版公開中! 新連載Shade3Dインタビュー Vol.1 株式会社アイプラフ Shade3Dニュース Vol.3 Shade3Dの形状表現

Up&Coming125号(4/1発行)HP版公開中!

Up&Coming125号(4/1発行)HP版公開中!

Up&Coming125号(4/1発行)HP版公開中! 新連載Shade3Dインタビュー Vol.1 株式会社アイプラフ Shade3Dニュース Vol.3 Shade3Dの形状表現

新連載:Shade3Dインタビュー

新連載:Shade3Dインタビュー

株式会社アイプラフ 代表取締役 藁谷 美紀さん

新連載:Shade3Dインタビュー

新連載:Shade3Dインタビュー

株式会社アイプラフ 代表取締役 藁谷 美紀さん

Adobe製品と連携!⑥

Adobe製品と連携!⑥

Shade3DとAdobe Photoshopとを合わせて使用することによって、複雑なイメージを作成することができます。
今回はShade3Dを始めたばかりのユーザー向けに、Adobe Photoshopと連携して効率的にライティングを調整する方法をご紹介します。

Adobe製品と連携!⑥

Adobe製品と連携!⑥

Shade3DとAdobe Photoshopとを合わせて使用することによって、複雑なイメージを作成することができます。
今回はShade3Dを始めたばかりのユーザー向けに、Adobe Photoshopと連携して効率的にライティングを調整する方法をご紹介します。

無償バージョンアップキャンペーン

無償バージョンアップキャンペーン

Shade3D ver.17シリーズをご購入のお客様限定で、お申し込みフォームから2018年11月15日以降に購入されたことを証明するご購入時のレシートまたは、領収書の画像をアップロードして申請すると、最新版Shade3Dのサブスクリプションライセンスをプレゼント!

無償バージョンアップキャンペーン

無償バージョンアップキャンペーン

Shade3D ver.17シリーズをご購入のお客様限定で、お申し込みフォームから2018年11月15日以降に購入されたことを証明するご購入時のレシートまたは、領収書の画像をアップロードして申請すると、最新版Shade3Dのサブスクリプションライセンスをプレゼント!

macOS Mojave 対応状況

macOS Mojave 対応状況

Shade 3Dシリーズの macOS Mojave 対応状況について(最終更新日 2018/10/04)

macOS Mojave 対応状況

macOS Mojave 対応状況

Shade 3Dシリーズの macOS Mojave 対応状況について(最終更新日 2018/10/04)

Topic Shade3D建築&インテリア 実践モデリング講座

技術評論社より、実務で役立つ知識やモデリング方法を紹介した書籍が発売されました。

Topic Shade3D建築&インテリア 実践モデリング講座

技術評論社より、実務で役立つ知識やモデリング方法を紹介した書籍が発売されました。

3次元CAD利用技術者試験 おすすめソフト3選!に選出

Shade3Dが3次元CAD利用技術者試験 おすすめソフト3選!に選ばれました

3次元CAD利用技術者試験 おすすめソフト3選!に選出

Shade3Dが3次元CAD利用技術者試験 おすすめソフト3選!に選ばれました

Topic Shade3D vr

Shade3D Panorama ViewとはShade3D で作成したパノラマ画像で簡単にVRの世界を体験できるアプリケーションです。

Topic Shade3D vr

Shade3D Panorama ViewとはShade3D で作成したパノラマ画像で簡単にVRの世界を体験できるアプリケーションです。

VRコンテンツ11回

VRコンテンツの制作について、詳しく丁寧に紹介する月一連載!
筆者はプラグイン開発でもおなじみのft-lab(吉阪 豊)さんです!

VRコンテンツ11回

VRコンテンツの制作について、詳しく丁寧に紹介する月一連載!
筆者はプラグイン開発でもおなじみのft-lab(吉阪 豊)さんです!

【重要】Windows版Shade3Dシリーズをご利用のお客様へ

【重要】Windows版Shade3Dシリーズをご利用のお客様へ

Windows版Shade3Dシリーズでは、OpenGL/DirectXのそれぞれの画面描画技術に対応したアプリケーションを提供してまいりました。
今後、より安定した動作を提供するため、OpenGLへの対応をShade3D ver.17をもちまして開発を終了させていただきます。
これにより、Shade3D ver.17以降のWindows版Shade3Dシリーズでは、DirectXを利用した画面描画のみに対応し、OpenGLに関連した以下の機能を終了させて頂きます。予めご了承く

【重要】Windows版Shade3Dシリーズをご利用のお客様へ

【重要】Windows版Shade3Dシリーズをご利用のお客様へ

Windows版Shade3Dシリーズでは、OpenGL/DirectXのそれぞれの画面描画技術に対応したアプリケーションを提供してまいりました。
今後、より安定した動作を提供するため、OpenGLへの対応をShade3D ver.17をもちまして開発を終了させていただきます。
これにより、Shade3D ver.17以降のWindows版Shade3Dシリーズでは、DirectXを利用した画面描画のみに対応し、OpenGLに関連した以下の機能を終了させて頂きます。予めご了承く

Adobe製品と連携!⑤

Adobe製品と連携!⑤

Shade3DとAdobe Photoshopとを合わせて使用することによって、複雑なイメージを作成することができます。
今回はShade3Dを始めたばかりのユーザー向けに、Adobe Illustratorと連携していきながら立体化とホワイトキーマスクを使ったマッピング方法を紹介していきます。

Adobe製品と連携!⑤

Adobe製品と連携!⑤

Shade3DとAdobe Photoshopとを合わせて使用することによって、複雑なイメージを作成することができます。
今回はShade3Dを始めたばかりのユーザー向けに、Adobe Illustratorと連携していきながら立体化とホワイトキーマスクを使ったマッピング方法を紹介していきます。

株式会社ハウステック 浴室厨房事業部 厨房グループ 加藤雅之氏

株式会社ハウステック 浴室厨房事業部 厨房グループ 加藤雅之氏

キッチン・浴室・ガス給湯器・浄化槽などの製造販売をしている株式会社ハウステックさん。 キッチンの商品企画をされている加藤雅之さんにインタビューをおこないました。

株式会社ハウステック 浴室厨房事業部 厨房グループ 加藤雅之氏

株式会社ハウステック 浴室厨房事業部 厨房グループ 加藤雅之氏

キッチン・浴室・ガス給湯器・浄化槽などの製造販売をしている株式会社ハウステックさん。 キッチンの商品企画をされている加藤雅之さんにインタビューをおこないました。

Adobe製品と連携!④

Adobe製品と連携!④

Shade3DとAdobe Photoshopとを合わせて使用することによって、複雑なイメージを作成することができます。
今回はShade3Dを始めたばかりのユーザー向けに、Adobe Illustratorと連携していきながらオリジナル画像の作成方法を紹介していきます。

Adobe製品と連携!④

Adobe製品と連携!④

Shade3DとAdobe Photoshopとを合わせて使用することによって、複雑なイメージを作成することができます。
今回はShade3Dを始めたばかりのユーザー向けに、Adobe Illustratorと連携していきながらオリジナル画像の作成方法を紹介していきます。

Adobe製品と連携!番外編~Shade3Dを使ってイラスト、漫画を描こう!

Adobe製品と連携!番外編~Shade3Dを使ってイラスト、漫画を描こう!

Shade3DとAdobe Photoshopとを合わせて使用することによって、複雑なイメージを作成することができます。
今回はShade3Dを始めたばかりのユーザー向けに、Adobe Photoshopと連携していきながらオリジナル画像の作成方法を紹介していきます。

Adobe製品と連携!番外編~Shade3Dを使ってイラスト、漫画を描こう!

Adobe製品と連携!番外編~Shade3Dを使ってイラスト、漫画を描こう!

Shade3DとAdobe Photoshopとを合わせて使用することによって、複雑なイメージを作成することができます。
今回はShade3Dを始めたばかりのユーザー向けに、Adobe Photoshopと連携していきながらオリジナル画像の作成方法を紹介していきます。

Adobe製品と連携!③

Adobe製品と連携!③

Shade3DとAdobe Photoshopとを合わせて使用することによって、複雑なイメージを作成することができます。
今回はShade3Dを始めたばかりのユーザー向けに、Adobe Photoshopと連携していきながらオリジナル画像の作成方法を紹介していきます。

Adobe製品と連携!③

Adobe製品と連携!③

Shade3DとAdobe Photoshopとを合わせて使用することによって、複雑なイメージを作成することができます。
今回はShade3Dを始めたばかりのユーザー向けに、Adobe Photoshopと連携していきながらオリジナル画像の作成方法を紹介していきます。

Adobe製品と連携!②

Adobe製品と連携!②

Shade3DとAdobe Illsutratorとを合わせて使用することによって、プレゼンなどでより提案力を発揮できる作品を作ることができます。
今回はShade3Dを始めたばかりのユーザー向けに、Adobe Illstratorと連携していきながらチラシなどのタイトルデザインのチュートリアルを紹介していきます。

Adobe製品と連携!②

Adobe製品と連携!②

Shade3DとAdobe Illsutratorとを合わせて使用することによって、プレゼンなどでより提案力を発揮できる作品を作ることができます。
今回はShade3Dを始めたばかりのユーザー向けに、Adobe Illstratorと連携していきながらチラシなどのタイトルデザインのチュートリアルを紹介していきます。

アートディレクター 田村吾郎 vol.2

アートディレクター 田村吾郎 vol.2

半球状映像システムの開発、オペラや舞台の演出、映像制作を手がけているアートディレクター 田村吾郎さん。 第2回目は半球型映像装置「Sphere 5.2」で描く未来をお話いただきました。

アートディレクター 田村吾郎 vol.2

アートディレクター 田村吾郎 vol.2

半球状映像システムの開発、オペラや舞台の演出、映像制作を手がけているアートディレクター 田村吾郎さん。 第2回目は半球型映像装置「Sphere 5.2」で描く未来をお話いただきました。

Adobe製品と連携!①

Adobe製品と連携!①

Adobe製品と連携!の連載開始
Shade3DとAdobe Illsutratorとを合わせて使用することによって、プレゼンなどでより提案力を発揮できる作品を作ることができます。
今回はShade3Dを始めたばかりのユーザー向けに、Adobe Illstratorと連携していきながらフォトリアルなモックアップ制作のチュートリアルを紹介していきます。

Adobe製品と連携!①

Adobe製品と連携!①

Adobe製品と連携!の連載開始
Shade3DとAdobe Illsutratorとを合わせて使用することによって、プレゼンなどでより提案力を発揮できる作品を作ることができます。
今回はShade3Dを始めたばかりのユーザー向けに、Adobe Illstratorと連携していきながらフォトリアルなモックアップ制作のチュートリアルを紹介していきます。

アートディレクター 田村吾郎 vol.1

アートディレクター 田村吾郎 vol.1

半球状映像システムの開発、オペラや舞台の演出、映像制作、企業ブランディングなどを手がけつつ、東京工科大学 デザイン学部で空間デザインを教えているアートディレクター 田村吾郎さん。
仕事や授業の中でどのようにShade3Dを使用いただいているのか。そして今なにを考え、何にチャレンジしたいのかを明かしてくれたロングインタビュー。

アートディレクター 田村吾郎 vol.1

アートディレクター 田村吾郎 vol.1

半球状映像システムの開発、オペラや舞台の演出、映像制作、企業ブランディングなどを手がけつつ、東京工科大学 デザイン学部で空間デザインを教えているアートディレクター 田村吾郎さん。
仕事や授業の中でどのようにShade3Dを使用いただいているのか。そして今なにを考え、何にチャレンジしたいのかを明かしてくれたロングインタビュー。

Topic OS 別対応状況

Shade3D 製品の OS 別対応状況はこちらよりご覧になれます。

Topic OS 別対応状況

Shade3D 製品の OS 別対応状況はこちらよりご覧になれます。

アトリエネット 矢谷竜也

アトリエネット 矢谷竜也

建築パース、プロダクトデザインなど多岐にわたって活躍されているアトリエネットの矢谷竜也さんのインタビューになります。
Shade3Dで作成したものやShade3D ver.17の新機能についてお話を伺いました。

アトリエネット 矢谷竜也

アトリエネット 矢谷竜也

建築パース、プロダクトデザインなど多岐にわたって活躍されているアトリエネットの矢谷竜也さんのインタビューになります。
Shade3Dで作成したものやShade3D ver.17の新機能についてお話を伺いました。

Shade3D チュートリアル blog

Shade3D チュートリアル blog

ft-labによるShade3Dチュートリアル
NURBSによる電話のモデリングからレンダリング、建物の作成、Unity連携など多数ご紹介中!

Shade3D チュートリアル blog

Shade3D チュートリアル blog

ft-labによるShade3Dチュートリアル
NURBSによる電話のモデリングからレンダリング、建物の作成、Unity連携など多数ご紹介中!

 

1|2|3|4|5|6 次へ >