言語: 日本語

インタビュー:祝開店!Office24 Studio 店長 大城さん

Shade3D 公式

インタビュー:祝開店!Office24 Studio 店長 大城さん

3Dプリントサービスを新規スタートさせたOffice24。

新宿駅にとっても近い場所で、10月オープンしたばかりの美しく広いオフィスに訪問。店長の大城様にインタビューさせて頂きました。大城店長は若くてとても元気な好青年です。制作における細かい悩みや初歩的な相談にも気軽にのってもらえそうな方でした。

(聞き手:デザイナー 園田浩二)

スタジオに併設 MAIL BOXES ETC.のカウンター

(園田)― Office24といえば、DTPセンターのMAILBOXES ETC.の国内展開などで有名ですよね。

(大城店長)Office24グループはオフィス環境を支援するトータルソリューションカンパニーです。DTPもそうですが、オフィスで使うコピー用紙や文具、様々なIT設備のご用意まで、オフィスで起こる問題解決をしています。 かなり多くの企業様、業務の現場と接触機会も多く、今年に入り
「ためしに3Dプリンターを使用してみたいのだけど」
とのご意見をたくさん頂くようになりました。そこでこの10月オープンさせて頂きました。

(園田)― なるほど。我々は3Dデータを扱うクリエイタの方との交流は盛んですが、もっともっと広範囲のビジネスシーンでこの3Dプリンターの活用は期待されているのかもしれませんね。

(大城店長)そうかも知れません。開店以来、いろんなお客様が来て下さいまして我々も少しびっくりしています。従来からお付き合いのあるデザイナーや設計士はもちろんのこと、学生さんや一般の方まで本当に広くご訪問頂いております。開店して間もないですが、建築模型や試作品、フィギュア、そして結婚記念やお子様の七五三の記念にボディスキャンして出力と、いろいろなお仕事をさせてもらっています。

(園田)― 設計のプロから3Dデータとあまりご縁のなかった一般の方まで、ユニークなアイデアが交差して、楽しさがいっぱい詰まったスタジオですね。

(大城店長)おつきあいの長いベテランの建築設計士の方からオーダーを頂いたのですが、「実際3Dプリンターで出力してみるのははじめて。こうやって手軽に画面から飛び出すのはやっぱり面白いなあ」と言って頂けました。

見るだけでも楽しい、たくさんの出力サンプル

(園田)― 設計者にとって、思考の途中に=未完成段階で出力することで自分の作っているモノを客観的に捉えられるのはとても効果的です。私も制作の途中で煮詰ることが多いですが、データの一部分だけでも3Dプリンターして手に取って触ると「ああ、ここを変えてみようか」ということがあります。建築分野ではもっともっと3Dプリンターが活用されていく予感がします。

(大城店長)設計のプロの方にもご満足頂けるよう最新設備をスタンバイ致しました。幅広い分野でご満足頂けるようにこれからもお客様の声をよく聞いて適宜増強していきます。
それと、このスタジオの特長と致しましてお客様ご自身で3Dプリントや造形物の加工を楽しむことができるセルフサービスコーナーもご用意いたしました。セルフサービスはタイムチャージ制となっており、店頭で3Dプリンターをタイムチャージ制で提供することは業界でも初めての試みです。

(園田)― それは面白いですね。実際Shade 3Dユーザーで、自分の作ったデータを3Dプリントしたことのある人はまだまだ少数なのだと思います。興味はみんなありますよ。
でもなかなかきっかけがないのです。一度やってしまうと病みつきになります、この私のように(笑)。
こんな素敵な場所でこの低料金で出力トライできるなら喜ばれる方は相当多いと思います。

(大城店長)Shade 3Dユーザーの皆様に気軽にご利用頂けるようになるときっと盛り上がるはずです。我々もデータのやり取りなどで円滑にお相手できるように日々勉強していきます。

(園田)― つい先日、Shade 3Dはアップデートして厚みツールなど3Dプリンター出力を円滑にする為の機能を充実しましたが、間もなくさらに大きな機能増強を予定しています。詳細は近々発表されると思いますが3Dプリントする際、発生するエラーチェック機能と自動訂正機能です。

(大城店長)それは大変助かります。Shade 3Dは様々な3Dデータとの互換性もありますし、自動訂正できるのであれば我々にとっての利便性は計り知れないと思います。発表を楽しみにしていますね。
現在こちらのスタジオではご注文のご依頼に関しまして、3Dデータはお客様にこちらの店舗に持ち込みしてもらっております。お客様と一緒にデータの点検、最適化を行い、そして制作に入ります。

そしてまもなくweb上で自動的にオーダーを受け付けるシステムも稼働します。今は新宿のこのスタジオでたくさん経験を積んで人材も育て、そして全国展開していきたいと考えています。店舗網はMAIL BOXES ETC. などが全国に40拠点以上ありますので、そこからの受付体制がとれればと考えています。

そういったお客様との最初の接点の現場でShade 3Dが活用できればとてもスムーズにいけると思います。

(園田)― その他皆さんにメッセージがございましたら一言お願いします。

img

園田「こうやってボディスキャンするんだぁ!」

(大城店長)お近くにいらした折にはお店にぶらりと入って展示してある制作物や機器の見学だけでもいいので皆さん遊びに立ち寄ってくださいね。私はスタジオにいつもおりますのでお気軽にお声をかけてくださいませ。私も勉強して皆様のお役に立てるようにがんばります。クリエイタの皆さん、いろいろ教えてください!
園田さん、ご提案なんですけどこのスペース使ってShade 3Dユーザー様をご招待して3Dプリンター体験セッションとかやりませんか?実際触ってもらったら本当に面白いのがわかりますから。

(園田)― 面白いですね。大城店長、企画しましょう。その前に私がちょっとだけ、この3Dプリンターで遊んでいっていいですか?
本日はありがとうございました。

大城店長「自分の分身が出来上がりますよ」

店舗名称: Office24 Studio(オフィス 24 スタジオ) 

住所: 〒160-0023 東京都新宿区西新宿 7-11-1 宝塚大学 東京新宿キャンパス1階 
電話: 0120-766-024 FAX: 0120-767-024 
店長: 大城(オオシロ) 
WEB: www.office24studio.jp 

3Dプリンター(フルカラー出力機、超細密出力機など多数)、3Dスキャナ、レーザーカッター等の取り揃えによる立体造形が可能。

お客様ご自身で 3Dプリントや造形物の加工を楽しむことができるセルフサービスコーナーも設置。


▲ページ上部へ