言語: 日本語 | English | 한국어

Apple M1 プロセッサベンチマーク

Shade3D 公式

Appleシリコンにネイティブ対応 レンダリング高速化!1.3倍以上を実現

Shade3D Ver.21.1では、Appleシリコンにネイティブ対応しました。
仮想化ミドルウェアを介した動作と比較して全般的なパフォーマンスが向上。
特にレンダリング速度は、1.35倍以上の高速化を実現し、特別な設定を変更することなく従来のMacを凌ぐ性能を発揮することができます。

今回は、Shade3D Ver.21のスプラッシュスクリーンで表示される「ペガサス」とShadeExplorerに収録されている「キッチン(kichen_room.shd)」を使用して、レンダリング速度のベンチマーク結果を公開させていただきます。
なお、比較対象となるCPUと動作モードは 「Intel Core i7(従来)」「Apple M1(Rosetta 2)」「Apple M1(ネイティブ)」になります。

・検証データ

ペガサス

キッチン(kichen_room.shd)

・計測マシン

マシン OS CPU RAM
Mac mini(2018)macOS Big SurIntel Core i7 3.2GHz 6コア32GB
Mac mini(M1,2020)macOS Big SurApple M1 8コア16GB

・レンダリング速度計算結果


※Shade3D Ver.21の詳しい製品情報については、こちらをご確認ください。

※macOS Big Surの対応状況については、こちらをご確認ください。

▲ページ上部へ