言語: 日本語

2015/09/24号バックナンバー

Shade3D 公式

[Shade3D メールマガジン 2015/09/24 号]

日頃はShade 3D シリーズをご利用いただきありがとうございます。 Shade3D メールマガジンです。Shade3Dからの最新情報をお届けいたします。

目次

・シルバーウィーク明けのサポートについて

海外版メルマガより~Japan's Corner "A train Story..."

海外版メルマガより~"Daz 3D to Shade 3D Tutorial"

・海外版メルマガより~今週のTIPS~

 シルバーウィーク明けのサポートについて

シルバーウィーク休業日明けの現在、お客様から多数のお問い合わせが寄せられており、
回答までにお時間をいただいております。
早急な対応に努めておりますが、ご案内が週明け9月28日以降になる場合もございます。
ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、なにとぞご容赦ください。

お問い合わせが多いご質問については、弊社サイトのWebサイトに
「よくあるご質問(FAQ)」やオンラインヘルプなどのコンテンツを
ご用意しておりますので、よろしければご活用ください。

よくあるご質問(FAQ)
オンラインヘルプ
アップデータ

 海外版メルマガより 〜 Japan's Corner "A train Story..." 〜


最近、本メルマガでは Shade3D の海外版メルマガの記事を紹介しています。
一方で海外版のメルマガの方でも、日本語版の記事を再編集し、"Japan's Corner"として海外に紹介しています。

阿亮鉄道模型社との企画ブログ「3Dプリントに挑戦」が、今週の英語版メルマガに掲載されました。
"A train Story...「とある汽車の物語..」" とタイトルされた記事を紹介します。
逆輸入した国産車のようなものですね。

海外にも熱狂的な鉄道模型ファンが大勢いるそうで、模型作りに3Dプリントがだんだん浸透しているようです。

 ◆Japan's Corner "A train Story..." はこちらから◆ 

 海外版メルマガより 〜 "Daz 3D to Shade 3D Tutorial" 〜


Daz 3D はキャラクタのポージングなどによく使われるソフトウェアです。
そのDaz 3Dからキャラクタデータやモーションデータをエクスポートして、Shade 3Dに取り込む方法を紹介したチュートリアルです。
データ交換はFBX形式のファイルを介して行います。
オプションの設定など、いくつかの注意すべき事柄についても解説しています。

 ◆"Daz 3D to Shade 3D Tutorial" はこちらから◆ 

 海外版メルマガより〜今週のTIPS〜

「スナップ設定」の出し方
  • 「図形」メニューの「スナップ」から、「オブジェクトガイド」を選択します。

スナップの対象を指定することで、形状の整列などをより効率的に行うことができます。
ぜひ、お試しください。

▲ページ上部へ