言語: 日本語

2018/03/01号バックナンバー

Shade3D 公式

[Shade3D メールマガジン 2018/3/1号] - 2018/3/1号 -

目次

・Adobe製品と連携!第2回

・サポート窓口からのお知らせ


Adobe製品と連携!第2回

 

今回はShade3Dで立体化した文字を作成し、Adobe Illustratorでワイヤーフレームや画像と組み合わせたタイトルデザインを作成するチュートリアルをご紹介します。

ポスター作成のみならず、ウェブサイトのバナーなど、様々なシーンで活用することができます。

※Shade3D Standard版およびProfessional版が対象のチュートリアルです。

Adobe製品と連携!第2回はこちらから

サポート窓口からのお知らせ

下記、グラフィックスボードが搭載されたWindows 8.1、Windows 10の環境へインストールされたShade3D製品において、NVIDIA® 3D VISION™ PROを利用した「立体視表示」を行うことができない問題が確認されています。

この問題は、当該環境に対応したドライバがメーカーより提供されていないため発生しており、2018年3月現在回避することができません。

▼グラフィックスボード
Quadro FXシリーズ、Quadro 400 ドライババージョン 342.00(OpenGL 3.3ベース)
Quadro 600/2000/4000/5000/6000 ドライババージョン 377.83(OpenGL 4.3ベース)

詳しくはこちらをご確認ください

▲ページ上部へ