言語: 日本語

2018/10/18号バックナンバー

Shade3D 公式

[Shade3D メールマガジン 2018/10/18号] - 2018/10/18号 -

目次

・Shade3D体験セミナーのご案内

・ちょっと便利なShade3D Tips紹介コーナー


Shade3D体験セミナーのご案内

11月27日(火)にフォーラムエイト東京本社でShade3D体験セミナーを実施致します。

13時30分から16時30分までの3時間、基本操作からレンダリングまで、一通りの操作方法についてのレクチャーを行います。

国内であればインターネットを通して視聴いただける「Webセミナー」も同時開催。遠方の方もお気軽にご参加ください。

Shade3D体験セミナーのお申し込みはこちらから

ちょっと便利なShade3D Tips紹介コーナー

レンダリングしたイメージをPhotoshop形式で保存するときに Z値をレイヤーまたは別ファイルで保存する方法のご紹介

・イメージウインドウの「保存」-「保存(マルチレイヤー)」または「保存(マルチレイヤ/個別ファイル)」を選択
・表示されるファイルダイアログでファイル形式「Photoshop」をメニューから選択
・「PSD形式で保存」オプションダイアログの下部の「Z値」-「グレースケール化したZ値を保存」をチェック
・レンダリング結果のPSDファイルとZ値のPSDファイルの2つが保存されます

「Z値」は、視点から見たときの形状までの距離値が0.0-1.0に収まるように加工されてグレースケールで表示されます。

Z値を個別にレンダリングして、レンダリング結果の画像に乗算で合成するなどして、奥行きを表現してみましょう。

▲ページ上部へ