言語: 日本語

モデリング

Shade3D 公式

ポリゴンモデリング

頂点・稜線・面で構成されるポリゴンメッシュによるモデリングを行います。各要素へのベベル、ブール演算による融合や差分抽出、オフセット方向への厚み付け、ブリッジ機能などによるモデリングを行います。

自由曲面モデリング

コントロールポイントとハンドルを操作して繊細な曲線を表現できるベジェ曲線を使ったモデリングを行います。イラストを描くように線形状を作成し、それらを組み合わせて立体形状とします。

3Dプリントアシスタント【強化】

3Dプリント出力をするために必要な形状のチェックと修正を行います。次に必要な操作を表示するガイド機能に従って進める事で半自動的に処理を進めることができます。

ラッピングメッシュ【新機能】

複数の形状をスキンで包み込むように一体化した、1つの穴の無い多様体を作成します。複雑な形状の通常では一体化が難しい組み合わせの形状からも3Dプリントに対応した形状を作成することができます。

ボクセル化メッシュ【新機能】

立方体の組み合わせによるブロック状の形状を作成します。重なった形状は内側に面をもたない多様体となります。

ポリゴンリダクション【新機能】

任意の割合でポリゴンメッシュの要素数を削減します。3Dスキャナで取り込んだようなハイポリゴンな形状や、ゲーム用のローポリゴン形状への変換などに有効です。削減時は可能な範囲で形状のディテールを維持します。

サブディビジョンサーフェス OpenSubdiv【新機能】

サブディビジョンサーフェスの一種で、より広く使われている OpenSubdiv 互換の分割により、ポリゴンメッシュの角のシャープさをコントロールします。

バウンディングボックス:数値入力【強化】

形状を囲むバウンディングボックスへの数値入力による全体のサイズ調整と、位置座標の指定による全体の移動を行います。

ブーリアンモデリング

形状同士をブール演算することで、形状の統合、差、くり抜き、面分割などを行います。

プリミティブ

数値による半径や角度を指定した編集を行える円、球、回転体などの基本形状の作成を行います。

リンク形状

選択形状をマスター形状とした、位置情報のみを変更可能なリンク形状の作成を行います。マスター形状への変更はリンク形状に反映されます。

線形状のオフセット

選択線形状に対するオフセットされた線形状の作成を行います。

頂点ベベル/エッジベベル

ポリゴンメッシュの頂点、稜線それぞれに角の切り落とし、丸めを行います。

頂点マージ

ポリゴンメッシュの頂点を指定条件範囲で統合します。

ブリッジ

選択されたポリゴンメッシュの要素を指定分割数で連結します。

ケージ

球状やボックス状、あるいは任意のポリゴンメッシュで形状を囲み、囲んだ形状の要素を編集することで内側の形状の変形を行います。

マグネットツール

指定範囲内の形状の要素に対して球状の影響範囲に応じた移動を行うことで滑らかな隆起の編集を行います。

ミラーリング

選択形状に対して仮想の鏡像データ、ミラー形状を表示します。形状の編集はミラー形状に反映され、ミラー形状の実体化も行えます。

メッシュ編集ツール【強化】

ポリゴンメッシュの編集に不可欠な編集機能はメッシュ編集ツールにまとめられ、孤立頂点への対策などの新機能が追加されています。

モデリングライト【強化】

カメラのアングルに影響を受けずに常に一定方向から形状を照らします。レンダリングには反映されず、モデリング時の形状の確認に使用します。

リプリケータ

指定した形状を対象の形状の線上、あるいは表面上に複数配置します。配置時には表面の法線、個数、間隔などを指定でき、実体の無い仮想形状を配置します。配置された仮想形状の実体化も行えます。

ヘアーサロン

形状の表面に髪の毛を表現する形状を作成し、ドライヤー、クシ、カーラーなどによるヘアスタイルの作成を行います。作成する形状は短冊上のポリゴンメッシュのほか、産毛などの表現も可能なファー形状を指定できます。ヘアーの衝突判定・重力と慣性によるヘアアニメーションを行えます。

テキストプリミティブ

3D形状での文字入力を行います。複数行の作成、フォントの大きさ、種類、縦書きなどを選択できます。

▲ページ上部へ