言語: 日本語

アニメーション

Shade3D 公式

各種ジョイントによる変形・移動アニメーション

ボーン/直線移動/回転/拡大縮小/均等拡大縮小/ボールなどのジョイントによる形状の移動・変形アニメーションを行います。形状単位や形状の頂点に対する適用加重を設定するスキン機能で人体などの有機的アニメーションも行えます。

インバースキネマティクス構造を用いたアニメーション設定

始点(ルート)、終点(エンド)、および目標点(ゴール)を指定することで、IK(インバースキネマティクス)による屈伸運動などの姿勢補正処理を行います。他のツールやアニメーション対応フォーマット(FBX 形式など)との互換性を保つ構成になっています。

モーションエフェクト

ボールジョイント/ボーンジョイントで構成されたジョイント階層構造を用いて、重力や風、復元効果によるエフェクトを表現します。

スマートキネマティクス

各種ジョイントで構成されたジョイント階層構造を用いて、足首が常に一定方向を向くような多関節ジョイントの末端の動きを拘束した動きを表現します。

エイムコンストレインツ


複数のジョイントの動きを連動させ、重機のアームの動きに連動した油圧パイプの動きなどを表現します。

パスコンストレインツ

各種ジョイントで構成されたジョイント階層用いて、列車の動きのようなパスに沿って移動する動きを表現します。

パーティクルフィジックス

炎や気泡、煙や竜巻、空気の流れによる煙の移動、ビルボードの散布、形状同士の衝突などの物理演算処理を行った動きを表現します。

▲ページ上部へ