言語: 日本語

レンダリング

Shade3D 公式

レンダリング形式:レイトレーシング:ドラフト

屈折などの処理を省略・簡略化することで高速なレンダリングを行います。

レンダリング形式:レイトレーシング

透明や屈折など基本的な材質の表現を行います。

レンダリング形式:パストレーシング

被写界深度や表面の荒さなどの表現をを行います。

レンダリング形式:トゥーンレンダリング

テクニカルイラストやアニメ調の表現を行います。

レンダリング形式:ワイヤフレーム

ワイヤフレームによる表現を行います。

大域照明:パストレーシング

カメラから飛ばしたサンプル点の計算により間接光の表現を行います。イラディアンスキャッシュを使用する事で、サンプリング点の入射光の情報を補間し、レンダリング時間の軽減を行います。IBLを設定することでフォトリアルな表現を行います。

大域照明:フォトンマッピング

光源から飛ばしたフォトンにより間接光の表現を行います。高品質なコースティクス表現が特徴の表現手法です。

大域照明:パストレーシング+フォトンマッピング

パストレーシングの計算に加え、フォトンマッピングによるコースティクスの高品質表現を行います。

大域照明:ラジオシティ/ラジオシティ Pro

シーン全体のエネルギーにより間接光の表現を行い、高速に計算を行います。ラジオシティproではラジオシティ計算後の光源ごとの放射エネルギーの変更を行う調光機能などを搭載しています。ラジオシティ Proではラジオシティ計算後の光源ごとの放射エネルギーの変更を行う調光機能などを搭載しています。

立体視レンダリング

平行法、交差法、トップアンドボトム、ストライピングなど各種立体視用のレンダリングを行います。
シーン内の奥行きから映像の飛びだし量、引っ込み量を自動的に計算して、最適な立体視映像を簡単に作ることができます。

レンダリングイメージと画像ファイルのバックドロップ合成

背景に表示するイメージをレンダリングとは別に設定することで、レンダリング結果と背景画像の合成処理を行います。

シャドウキャッチャー形状設定

指定した形状はレンダリング対象とならず、その形状に落ちる他の形状の影のみをレンダリングします。これにより背景画像に対しての形状の影の描画を行います。

グローエフェクタ

光源や光沢から発生するグロー効果をレンダリング画像に追加します。

被写界深度効果ツール「DepthPlus」

マクロレンズで撮影した写真のような被写界深度の表現を行います。

フォグ効果ツール「FogPlus」

地面や空間にたちこめる霧の表現を行います。

マルチパスレンダリング

反射、透明、環境、影、光沢などの画像要素をそれぞれ個別の画像としたレンダリングを行います。レイヤー合成対応の画像編集ソフトにて要素別のカラーシミュレーションや合成を行います。

マルチパスレンダリング/サンプル数

パストレーシング手法や、大域照明パストレーシングでのレンダリング時のピクセルごとのサンプル数を色で視覚的に表示します。

表面材質/光源の品質調整

表面材質/光源ごとに異なるレンダリング画質を設定します。必要な部分のみの品質を上げることで、全体の品質を一括で上げるよりも計算時間を短縮することができます。

照度調節

シーン内の光源の明るさを一括で調節します。

レンダリング履歴

レンダリングのたびに履歴としてレンダリングイメージを履歴として保存します。2つのレンダリング画像の比較などに使用します。

ラジオシティ互換モード

旧Shadeで作成したラジオシティシーンを大域照明パストレーシングへ変換するサポートを行います。

イメージガンマの設定

テクスチャイメージに対してガンマ値を設定します。色補正と組み合わせることで大域照明の間接光を正しく計算して、よりリアルなレンダリングを行います。

色補正のリアルタイム反映

ゲイン・ガンマ・バイアスなどの色補正の結果をリアルタイムでレンダリング結果に反映します。

トゥーンレンダラ:描画される線のベクトル出力

トゥーンレンダラで描画される線をベクトルデータ形式でファイルに出力します。

ShadeGrid

ローカルネットワークに接続された複数台のコンピューターによる分散レンダリングを行います。

最大レンダリングサイズ(ピクセル)

グレード別に以下の最大サイズまでのレンダリングが可能です。

グレード

k

ピクセル

Basic 

2K

2,500x2,500

Standard

4k

4,500x4,500

Professional

8k以上

22,528x22,528 以上(搭載メモリによる)

▲ページ上部へ