言語: 日本語

Shade 3D 基本機能

Shade3D 公式

Shade 3D 基本機能

Shade 3D ではグラフィカルなユーザーインタフェイスを用いて、モデリング、レンダリング、アニメーション、3Dプリント用形状チェックなどを統括して行うことができます。

インターフェイス

モデリング、レンダリング、アニメーション設定、UVなどの用途別に用意されたワークスペースを切り替えての作業や、各種レンダリング形式でのリアルタイムプレビュー、立体視、大域照明の反映、各種ツールパレットの切り離しとドッキングなどを行います。

詳細をみる>>

モデリング

スタンダードなポリゴンメッシュによるモデリング、イラストを描くようなデリケートな曲線でのベジェ曲線によるモデリングを2軸に、プリミティブ形状、リンク形状、ミラー形状、アニメーションに対応したヘアー形状の作成、ブール演算、記号による形状を維持したブーリアンレンダリング、頂点・稜線・面ベベルなどの編集、ガイドに沿って進める3Dプリント用形状のチェックと修正などを行います。

詳細をみる>>

表面材質

UVマップの編集、面グループによる個別表面材質設定、材質ごとのレンダリングオプション、法線マッピング、ディスプレイスメントマッピング、ボリューム設定などを行います。

詳細をみる>>

カメラ・ライト・背景

形状としてのオブジェクトカメラ、シーンごとのメタカメラ、透視図によるダイレクトなカメラ操作やカメラパレットによる詳細な設定が可能なカメラ。シーン全体に対する平行光源の無限遠光源、スポットライト、点光源、面・線光源、配光光源データ(IES)による配光照明も形状として自由に配置できます。背景はプリセットテクスチャからHDR素材の利用、フィジカルスカイなどを表現します。

詳細をみる>>

レンダリング

レイトレーシング、パストレーシング、ワイヤーフレームレンダリング、トゥーンレンダリングに加え、パストレーシング、フォトンマッピングなどによる大域照明の表現のほか、マルチパスレンダリング、グローエフェクタ、ブラー、被写界深度や霧の表現などのエフェクタの使用、ShadeGrid による複数マシンによる分散レンダリングなどを行います。

詳細をみる>>

アニメーション

ボーンをはじめとした直線移動、回転、拡大縮小、ボール、スイッチ、モーフなどのジョイントによる変形移動アニメーション、形状の頂点に対するスキン設定、スキンの加重をペイントするウェイトペイント、物理演算によるモーション設定、図面上でのプレビューから各種動画ファイル形式での書き出しなどを行います。

詳細をみる>>

対応ファイル形式

Wavefront OBJ / DXF / STL / FBX / COLLADA / 3ds max などの入出力に対応しています。

詳細をみる>>

その他

表面材質、形状、背景、サウンド、などを一括管理するカタログ機能やサードパーティ製のプラグイン、スクリプトによる拡張を行います。

詳細をみる>>

▲ページ上部へ