言語: 日本語

⑩ボクセル化メッシュ

Shade3D 公式

⑩ボクセル化メッシュ

ボクセル化メッシュは選択している形状をボクセル化してブロック状のポリゴンメッシュを生成する機能です。
重なっている形状同士はまとめられ、一つの多様体ポリゴンメッシュとして作成されますので、3Dプリント用に適した形状の作成が可能です。

分割数を指定することでボクセルの大きさを調整することができます。

ボクセル化できる形状は Shade 3D が扱うすべての形ある形状(光源などは除く)です。リンクやミラー形状もボクセル化の対象となります。

 

ボクセル化メッシュを行うには、変換したい形状を選択してツールボックルの編集>共通から「ボクセル化メッシュ」を選択し、ツールパラメータに「分割数」を指定し「適用」をクリックします。

 

32でボクセル化

64でボクセル化

128ではかなり細かいボクセル化が行われます。

以下はすべて64でボクセル化したものです。

 

 

 

 

 

おもちゃに見立ててフェイスグループなどでブロック単位に色づけするのも面白そうですね。

次回はメッシュ統合/除去についてご紹介します。お楽しみに。


グレード別機能比較表

▲ページ上部へ