言語: 日本語

ローポリゴンでキャラクタを作る(Character Modeling (Hector the Dog))

Shade3D 公式

ローポリゴンでキャラクタを作る(Character Modeling (Hector the Dog))

Fast Forward Video Tutorials(ファストフォワード・ビデオチュートリアル) は日英言語対応のShade 3D チュートリアルビデオシリーズです。

テーマ
  • ローポリゴンでキャラクタを作る(犬のキャラクタ)。
ポイント
  • 「ミラーリング」機能を使って、キャラクタモデリングの効率的に行う。
  • 作成したモデルをUV展開し、外部2Dソフトでテクスチャを編集してから読み込む。
  • UV展開には、マーケットプレイスで販売中のft-labさんのUVUtilを使用します。
    製品名:UVUtil
    提供:ft-lab
    機能:UVの自動展開、ベイク、再配置、タイル画像作成など
    価格:540円(税込み)

日本語キャプションの表示の仕方はこちらを参照してください。


この記事へのご意見・ご感想などはこちらで受け付けております。

Shade3D 記事へのご意見・ご感想など

*は必須項目です.
メールアドレス*:
メールアドレス*:
(確認用)
ご意見・ご感想*:
画像認証*: Code

▲ページ上部へ