言語: 日本語

サポート

Shade3D 公式

サポート情報

・現在の最新版バージョンは1.1.0.4 となっています。

変更点

  • [2017/02/20] ver.1.1.0.4
  • RenderMan 21で出力した時、背景画像が黒の場合、レンダリング時に背景が白になる問題を回避
  • RenderMan 21で出力した時、光源の背面をカリングできていなかった問題を修正 (品質と速度の向上)
  • [2017/01/30] ver 1.1.0.2
  • 英語のテキストを修正
  • [2017/01/08] ver 1.1.0.1
  • RenderMan21に対応
    RenderMan21として出力した場合は、PxrVolumeで正しくボリューム表現ができません。
  • RIBエクスポートダイアログで「Version」を追加 (20.x/21.xの選択)
  • 無限遠光源の出力に対応
  • 面光源/スポットライトなどの光源情報を調整するウィンドウを廃止
  • RIBエクスポートウィンドウ/マテリアル設定ウィンドウの日本語ローカライズ
  • ポリゴンメッシュで頂点座標にNaNがあるとき、prmanでレンダリング時にエラーが出る問題を修正
  • マスターイメージ名、マスターサーフェス名に「:」などが含まれる場合に正しくエクスポートできない問題を修正
  • [2016/12/25] ver 1.0.0.4
  • 点光源とスポットライト情報をRIB出力。
  • 表面材質のマッピングレイヤの「荒さ」のイメージ指定に対応。
  • レンダリングの種類として、「PxrOcclusion」(Ambient Occlusion)を追加。
  • フェイスグループで「なし」を指定していると、RIBエクスポート時にクラッシュする問題を修正
  • カトマルクラークのオプションに一部対応。
    ただし、UVが連続していないとマッピングが不正になる。
    角の丸目を適用した形状で、フェイスグループを指定している面がある場合は正しく表現できない。
  • [2015/06/01] ver 1.0.0.3
  • テクスチャの模様が反射の映りこみに反映されにくい問題を改善。
    出力するtiffファイルに格納するmipmapの最小サイズを32x32 pixelに調整。
    RIBファイルの「Pattern "PxrTexture"」の指定で「"int filter" [7]」のフィルタ指定を追加するようにしました。
  • [2015/06/01] ver 1.0.0.2
  • 面光源のパラメータを調整するダイアログボックス追加
  • ボリューム表現の対応。マッピングレイヤのボリューム距離減衰をPxrVolumeのdensityFloatに割り当て。
  • RenderManのマテリアル情報をマスターサーフェス(形状)側から表面材質側に移動。
    これにより、shdsfcファイルに表面材質情報とともにRenderMan関連の情報も保持できるようになります。
  • マッピングレイヤの「スポット」「雲」表現に対応
  • マッピングレイヤの「イメージ」「スポット」「雲」での色反転対応
  • マルチテクスチャに対応 (Diffuse/Normal/Bump/Trim/Volume Distance)
  • [2015/05/21] ver 1.0.0.1
  • ポリゴンメッシュのUVが0.0-1.0の範囲を超える場合、テクスチャが正常に反映されない問題を修正
  • テクスチャエクスポート時の速度向上
  • RIB出力オプションに、Statistics(レンダリング時間や統計情報を出力)を追加
  • マッピングレイヤでのテクスチャの「アルファ透明」、「トリム」の反映
  • マッピングレイヤでのテクスチャの繰り返し表現の反映
  • [2015/05/15] ver 1.0.0
  • 初回バージョン

お問い合わせフォーム

この製品へのサポート・お問い合わせはこちらで受け付けております。

Shade 3D マーケットプレイス サポートフォーム

*は必須項目です.
メールアドレス*:
メールアドレス*:
(確認用)
ご意見・ご要望*:
画像認証*: Code

▲ページ上部へ