言語: 日本語

Windows 10 対応状況について

Shade3D 公式

Windows 10 対応状況について

日頃より弊社Shade3D製品をご愛用いただき、まことにありがとうございます。
弊社取扱製品における、Windows 10への対応状況をご案内させていただきます。
詳細につきましては、お使いのバージョンにあわせて、以下をご覧ください。

更新日: 2015年10月10日

製品名 Windows 10
Shade 3D ver.15 最新のアップデータを適用することで対応しています。
一部環境にてNVIDIA 3D VISIONを利用した立体視表示を行うことができない問題があります。*1
Shade 3D ver.14 弊社検証環境にて ver.14.1.3 の動作を確認
一部環境にてNVIDIA 3D VISIONを利用した立体視表示を行うことができない問題があります。*1
Shade 13
Shade 3D for Unity
弊社検証環境にて ver.13.2.3 の動作を確認
一部環境にてNVIDIA 3D VISIONを利用した立体視表示を行うことができない問題があります。*1
Shade 13の環境設定ダイアログボックスの「ビュー」タブの
「OpenGLアクセラレータ使用」チェックボックスがOFFのときに
図形ウインドウの描画が不正になる問題があります。
「OpenGLアクセラレータ使用」チェックボックスをONにして
使用してください。*2
Sunny 3D 最新のアップデータを適用することで対応しています。
Shapeasy 正常動作を確認*3
対応済み
弊社検証環境にて正常動作を確認。
※開発終了のため、動作保障はいたしません。
弊社検証環境にて動作上の障害を確認
但し、設定を変更することなどにより回避することができます。
※開発終了のため、動作保障はいたしません。
× 問題あり/非対応
確認中


*1 QuadroグラフィックスボードとNVIDIA 3D VISIONを利用した立体視表示を行うことができない問題が
一部で確認されています。詳細に関しましては、下記の各製品FAQページをご確認ください。

 ・Shade 13 「よくあるご質問 (FAQ)」
 ・Shade 3D ver.14 「よくあるご質問 (FAQ)」
 ・Shade 3D ver.15 「よくあるご質問 (FAQ)」

*2 AMD製グラフィックスボードをご利用の場合、Shade 13の環境設定ダイアログボックスの
「ビュー」タブの「新しいAMD拡張機能を使用する」チェックボックスをOFFにしてください。
(Windows 8.Xでも同様の障害を確認しています。)
*3 モーダルダイアログボックスがリサイズ可能となる現象がありますが、通常の使用には問題ありません。

最新のアップデートプログラムにつきましては、下記ウェブサイトをご確認ください。
アップデータ

※サードパーティー製プラグインについて
サードパーティー製プラグインがインストールされている場合、製品の起動ができない場合があります。それぞれのプラグインの対応状況については、プラグイン製作者様にご確認ください。

今後ともShade 3Dおよび弊社製品をご愛用いただきますようお願い申し上げます。

株式会社 Shade3D

▲ページ上部へ