言語: 日本語

インストール・使用法

Shade3D 公式
無料

インストール

  • Windows環境の場合は、
       「C:\Users\ユーザ名\Documents\Shade 3D ver.15\plugins」フォルダに
       「MMDConverter.dll (64bit版はMMDConverter64.dll)」を複製後、Shade 3Dを起動します。
  • Mac環境の場合は、
       「/Users/ユーザ名/Documents/Shade 3D ver.15/plugins」フォルダーに
       「MMDConverter.shdplugin」を複製後、Shade 3Dを起動します。

使用法

  1. Shade 3Dで、1つのポリゴンメッシュにボーンを割り当てたキャラクタを作成します。
    人体キャラクタのボーン構造については、付属のsamples/mmd_human_template.shdを使用してください。


  2. メインメニューの「ファイル」-「エクスポート」より「MMD Model (PMD)」を選択。
    MMDモデル(PMD)エクスポートダイアログボックスが表示されます。

    そのままOKボタンを押してpmdファイルを出力します。
    Shade 3D上の作業はここまで。後はMMD上の作業になります。

  3. MMDを起動します。MikuMikuDance(64bitOS Ver)Ver.9.10で試しました。
    画面下の「モデル操作」より「読込」ボタンを押して、Shade 3Dでエクスポートしたpmdファイルを指定します。
  4. キャラクタが読み込まれた後は、ボーン操作でポーズを決めたり振り付けをつけたりしてみてください。
無料

▲ページ上部へ