言語: 日本語

商品紹介

Shade3D 公式
無料


紹介

約90年前の雑誌に付録でついてきた設計図を元に作成した3Dプリント可能な鉱山機関車の3Dデータです。
ブログ「Shade 3D × 阿亮鐡道模型社 3Dプリントに挑戦」で作成したデータがベースになっています。
車輪や台座、パンタグラフ、ライト、支柱などのパーツはモデリングされておりません。
※別途パーツを作成または調達して組み立ててください。

利用方法

  • 「ファイル」ー「インポート」メニューから「STL...」を選び、STLファイルを読み込んでください。

提供元

阿亮鉄道模型社/Shade3D Co.,Ltd.

動作環境

  • Windows: 7/8/8.1
  • Mac: OS X 10.9.x/10.10.x 上のShade 3D ver.14 以降
無料

▲ページ上部へ