言語: 日本語

Shade 13

Shade3D 公式

Shade 13

--------

レンダリングを行っているシーンで、プレビューレンダリングを設定されていないかご確認ください。

プレビューレンダリング設定を行っているシーンではレンダリングの再開が行えない仕様となります。

ニンテンドー3DSで立体視レンダリングの画像を表示するには、ニンテンドー3DSカメラの写真を見る機能を使い、閲覧することが可能です。
なお、ニンテンドー3DSの3Dボリュームの調整には対応しておりません。

実際にレンダリングをおこなうクライアント側から、ネットワークレンダリングに参加するサーバー側へデータを転送する際のロスが発生しますので、クライアント側/サーバー側が同等のスペックを持った機種をお使いになられても、ネットワークに参加する台数の0.75倍程度とお考えください。 具体的には2台で1.5倍、4台で3倍程度です。

イメージウインドウでのレンダリングは完了していても、図形ウインドウ上でプレビューレンダリングが動作中である可能性があります。プレビューレンダリングが完了するまでお待ちいただくか、「停止」ボタンを押してプレビューレンダリングを停止して、再度お試しください。

レンダリングオプションの「その他」タブの「視線の追跡レベル」の項目の数値を上げてください。
これは視線の反射や屈折の回数を設定するもので、デフォルトでは「5」に設定されていますが、透明な物体が複数ある場合は、この「視線の追跡レベル」が足りないために、透明な物体が正しくレンダリングされない場合があります。

レンダリング設定の[その他]タブにある「レイトレーシングの画質」の設定を変更することで回避できる場合があります。
「レイトレーシングの画質」は、数値を上げることにより、ノイズが軽減され、レンダリング結果の品質が上がりますが、設定した数値が大きいほどレンダリング時間が増加します。

レンダリングオプションの「面の分割」のレベルを下げることで、レンダリング時のメモリの消費量を減らすことができます。
例えば「普通」から「細かい」と一段階、細かな設定とすることでレンダリング計算に必要なメモリ量は約4倍増加します。

▲ページ上部へ