言語: 日本語

ver.18新機能・機能強化

Shade3D 公式

新機能

機能強化

モデリング

NURBS形状データへの変換

Basic

Standard

Professional

線形状をNURBSカーブに、球、円、掃引体、回転体や自由曲面をNURBSサーフェスに変換できるようにしました。
Shade3Dで作成したデータ資産をNURBS形状データとして再利用できます。
また、一般的なNURBSモデラーでは作成が難しいとされる自由な曲面や曲線の取り扱いも可能になります。
*ポリゴンメッシュのNURBS形状変換には未対応です。

フローティング方式ブール演算

Basic

Standard

Professional

専用のパートを作成し、内包する形状に対してブール演算の和・差・積を行なった結果を表示します。パート内の形状は自由に位置の変更、形状の変更を行え、何度でも調整を繰り返すことができます。

オブジェクトスナップの強化

Basic

Standard

Professional

NURBS対応に加えて、線形状や自由曲面全般について、使い勝手の向上のための機能強化を行いました。
形状の作成や移動、変形時に指定した要素にスナップさせることで正確な編集を行えます。また補助線を作成し、指定した位置にスナップさせることも可能です。
例えばNURBS形状については面のスナップや面の中心にスナップを追加、線形状や自由曲面全般では交差方向の線形状、接線ハンドル、表面のスナップを追加しています。

オブジェクトスナップ時の鏡面コピー

Basic

Standard

Professional

オブジェクトスナップ時、要素をスナップ中に右クリックのポップアップメニューから鏡面コピーができるようにしました。

NURBSデータの編集機能強化1

Basic

Standard

Professional

形状編集モードで選択中のサーフェスをカーブ、および面として抽出できるようにしました。

NURBSデータの編集機能強化2

Basic

Standard

Professional

2つのサーフェスが重なっている箇所をカーブとして抽出できるようにしました。

NURBSデータの編集機能強化3

Basic

Standard

Professional

開いたサーフェスに面を張れるようにしました。例えば、NURBS形状に変換した筒状の自由曲面の両端の穴を塞ぐような使い方ができます。

NURBSデータの編集機能強化4

Basic

Standard

Professional

NURBS形状用の選択ツールとして「ループ選択」「境界選択」「選択を反転」「選択を解除」を追加しました。

NURBSデータの編集機能強化5

Basic

Standard

Professional

フィレットをかけたカーブのフィレットの取り消せるようにしました。

NURBSデータの編集機能強化6

Basic

Standard

Professional

「フィレット」「面取り」「シェル化」「厚み」について、再編集を可能にしました。

NURBSデータの編集機能強化7

Basic

Standard

Professional

カーブ作成ツールのツールパラメータから直線/曲線の切り替えができるようにしました。
曲線の操作感は3DCGの線形状の取り扱いに近くなっています。

NURBSデータの編集機能強化8

Basic

Standard

Professional

「ロフト」について、曲面のシェーディング状態を滑らかにするために曲面調整のオプションを追加しました。

3DCAD機能

測定機能の強化

Basic

Standard

Professional

Shade3Dで作成可能な形状データの表面積・体積・重心を測定する機能を強化しました。
操作は簡単、計測したい形状を選択し、コントロールバーから測定の種類を選択するだけで測定結果が表示されます。
表面積は形状の全体または一部を選択して計測できるようになっています。
これらの機能強化により体積や計算も可能となり、開発コストの削減や生産性の向上が期待できます。
また、重心については選択した複数の形状データの重心位置を求めることができるようにしました。
例えば、3Dプリント用のフィギュアと台座それぞれのポリゴン形式データの重心を測定することでフィギュアの重心の位置に台座を正確に配置できるようになります。

半径の測定

Basic

Standard

Professional

オブジェクトモードにおいて、円、円弧、球の半径の測定が可能になりました。 また、形状編集モードにおいて、NURBSカーブの選択制御点の区間が円弧だった場合、およびNURBSサーフェスの選択稜線が円弧だった場合には、それぞれの半径を測定することが可能です。

干渉チェック

Basic

Standard

Professional

複数のNURBS形状の干渉(重なって)いる部分を色分けし、体積とともにリストに表示します。形状データ製作の効率化や精度の向上をサポートします。

アセンブリ

Basic

Standard

Professional

異なるNURBS形状データの配置や位置合わせができるようになりました。

基準となる座標、座標軸方向を設定した2つの形状に対して、互いの基準点同士が一致するように形状を移動し、複数の形状の組み立てを容易にします。
一致させる距離や角度などを設定することができます。

3次元CAD利用技術者試験1級対応

Basic

Standard

Professional

今回のバージョンアップにより、アセンブリ機能など、1級の認定ソフトとして必要な機能を網羅しました。

3次元CAD利用技術者試験についてはこちら

図面出力

DXF 図面出力

Basic

Standard

Professional

DXF形式での出力時に正面図や上面図などの図面を指定して出力できるようにしました。

円弧や曲線は直線として出力されます。

DXF 三面図出力

Basic

Standard

Professional

シーンの四面図の左上・左下・右下の図面をDXF形式で出力できるようにしました。
*透視図は出力されません。

AI 三面図出力

Basic

Standard

Professional

シーンの四面図の左上・左下・右下の図面をAdobe Illustrator形式で出力できるようにしました。
*透視図は出力されません。

他社製品との連携

NURBS形式データのAI形式への変換

Basic

Standard

Professional

NURBS形式データをAdobe Illustrator形式に変換できるようにしました。

IGES形式データの入出力

Basic

Standard

Professional

NURBS形状データをIGES形式で出力できるようにしました。
他社のCADデータを読み込んだり、Shade3Dで作成した円、球、自由曲面などをNURBS形状に変換・編集して出力するなど、他のCAD製品との連携が強化されています。
※ポリゴンメッシュには対応していません。

STEP形式データの入出力

Basic

Standard

Professional

一般形状や自由曲面をSTEP形式に変換することができるようにしました。
CADデータを読み込んだり書き出すことで、他のCAD製品との連携が強化されます。
※ポリゴンメッシュには対応していません。

COLLADA形式データの読み込み

Basic

Standard

Professional

FBX SDKの採用によりアニメーション情報の再現性が高くなりました。
*旧来のCOLLADA I/OはCOLLADA(old)に名称を変更しています。

COLLADA形式データへの変換

Basic

Standard

Professional

FBX SDKの採用によりアニメーション情報の再現性が高くなりました。
*旧来のCOLLADA I/OはCOLLADA(old)に名称を変更しています。

FBX形式データの入出力

Basic

Standard

Professional

FBX形式データの変換時に五角形以上のポリゴンをそのまま変換するようにしました。

ユーザーインタフェース

VRパノラマビューワー

Basic

Standard

Professional

パノラマレンダリングで作成した静止画をつかってVRを手軽に体験できる「Shade3D Panorama View」をご提供します。

※2018年7月13日にApp Storeにて公開予定

ユーザーインタフェースの刷新

Basic

Standard

Professional

CAD機能の強化に併せて測定情報ウィンドウの追加、および測定時に図面上に情報を表示できるようにし、ユーザーインタフェース全般を刷新しました。

ブラウザーオペレーションメニュー

Basic

Standard

Professional

操作性を向上させるためにブラウザオペレーションメニューを整理しました。

より便利に

月次更新版

Basic

Standard

Professional

サブスクリプション製品を30日単位で使用できるようにしました。

▲ページ上部へ