言語: 日本語

16.1新機能物理アシスタント

Shade3D 公式

ver.16.1で追加された物理アシスタントについてご紹介します。

形状の落下

  1. 地面となる立方体を選択し「静的な剛体」「ボックス」として登録します。

  2. 落下させるワイングラスを「動的な剛体」「メッシュ」として登録します。

  3. 時間を進めるボタンを押すと、ステップ数で設定した時間分形状が動きます。ワイングラスが床に落ちた状態になります。

クロスシミュレート

  1. 床に落ちたワイングラスを「静的な剛体」「メッシュ」として登録し直します。
  2. メッシュで布を作成し「ソフトボディ」を、マージンに「2」を設定して登録します。
    ※マージンを設定しないと布がすり抜ける場合があります。

  3. 時間を進めるとワイングラスと床に布がかぶさっていきます。
     

プログラムの入手とインストール方法はこちらをご確認ください。

▲ページ上部へ