言語: 日本語

シェーディング表示

Shade3D 公式

選択形状のみシェーディング表示【新機能】

選択形状のみを表示することで目的の形状に対する編集作業を容易にし、表示時の描画パフォーマンスも大きく改善する新機能

選択形状のみシェーディング表示

表示ポップアップメニューより「選択形状のみシェーディング表示をオン・オフしてシェーディングされる対象を切り替えます。

・オフ(シェーディング+ワイヤフレーム表示):従来表示

選択形状にかかわらず、すべての形状をシェーディング表示します。

・オン(シェーディング+ワイヤフレーム表示):

選択されている形状のみがシェーディング表示されます。

手前の形状をワイヤのみにして選択形状を見やすく

従来表示では角度によって、手前の形状で選択している形状が隠されてしまう場合があります。

選択形状のみシェーディング表示をオンにすることで、選択形状以外はワイヤフレーム表示(シェーディングのみの場合は非表示)となり、確認しやすくなります。

シェーディング表示を一部分にすることで、メモリ使用量やCPU使用量を抑え、表示速度の低下を押さえる効果があります。

解説動画


Shade3D ver.16 のご購入はこちら

▲ページ上部へ