言語: 日本語

エッジベベル

Shade3D 公式

エッジベベル

角をまるめず、稜線を追加したベベル処理を行います。

丸めチェックボックスによる切り替え

・丸め・オン(従来)

選択部分が丸められたベベル処理が行われます。

 

・丸め・オフ

直線上に稜線を追加したベベル処理が行われます。

 

OpenSubdivとの組み合わせ

分割数を 1、丸めをオフにすることで、OpenSubdivの角Rに適した形状を作ることができます。

ベベルの種類が増えることで、角Rの表現が多彩になります。

稜線のシャープネスで丸め ベベル+丸め ベベル+丸めオフ

解説動画


Shade3D ver.16 のご購入はこちら

▲ページ上部へ