言語: 日本語

特徴適応分割

Shade3D 公式

特徴適応分割【新機能】

OpenSubdivが設定された形状全体の分割数を抑えたまま、細かいディティールを再現する新機能

分割レベル普通のまま、ディテールを表現する

「特徴適応分割」をオンにするだけで、分割数を気にすること無く、形状の細かい部分まで再現したレンダリング結果を得られます。レンダリング時の分割レベルは 1〜7の範囲で指定可能です。

ポリゴンメッシュの状態

特徴適応分割オフ(従来)でレンダリング

特徴適応分割オンでレンダリング

特徴的な部分を細かく、それ以外はおさえるポリゴン分割

形状情報ウインドウの「特徴適応分割」をオン・オフして分割方式を切り替えます。
「特徴適応分割」をオンにしてポリゴン化(固定)することで、生成されるポリゴンメッシュの総数をおさえることができます。

OpenSubdivが設定された形状を「ポリゴンメッシュに分割」する際に、特徴的な部分のみ細かく分割します。

・分割前

ツールパラメータより「特徴適応分割:オフ」で「ポリゴンメッシュに分割」を実行

・分割レベル「普通」
 

・分割レベル「最も細かい」
 

ツールパラメータより「特徴適応分割:オン」で「ポリゴンメッシュに分割」を実行

・分割レベル「普通」+「特徴適応分割:オン」
 

図面での表示に反映

「図面に反映」チェックボックスをオンにすると、適応分割レベルの結果を図面上で確認できます。

・図面に反映:オフ

・図面に反映:オン

解説動画


Shade3D ver.16 のご購入はこちら

▲ページ上部へ