言語: 日本語

⑥ポリゴンリダクション

Shade3D 公式

⑥ポリゴンリダクション

ポリゴンリダクションは、選択したポリゴンメッシュのポリゴンの数を元の形状をなるべく崩さないように削減する機能です。

ポリゴン数が増えすぎててしまった形状や、3Dスキャナで取り込んだ形状など、そのままではポリゴン数が多すぎて編集や出力が難しい形状も、ポリゴンリダクションでポリゴン数の少ない扱いやすい形状にすることができます。

左 ポリゴンリダクション前 / 右 ポリゴンリダクション後

任意の削減率でポリゴンリダクション

トップの画像は 200 万ポリゴンの形状に対してポリゴンリダクションをかけたもので、左からもとのポリゴン形状、50% 削減した形状、90% 削減した形状、98% 削減した形状となっています。98% の削減では 4 万ポリゴンとなりましたが、繰り返し行う事で任意のポリゴン数まで削減することが可能です。

※画像をクリックして大きな比較画像を表示できます。

ここでは一つのポリゴンメッシュを対象にしていますが、複数のポリゴンメッシュに対して同時にポリゴンリダクションを行うことも可能です。

ポリゴンリダクションを行うには、ツールボックスのメッシュから「ポリゴンリダクション」を選択し、表示されたツールパラメータの「削減率」に削除する割合を 0.01~1.0 までの範囲で設定します。( 0.0 を指定すると自動的に 0.01に調整されます。)

削除率による結果は、図面でリアルタイムに確認することができ「確定」ボタンで決定する前は何度で調整することができます。

選択部分のポリゴンリダクション

指定した部分だけポリゴンリダクションしたい場合は「選択頂点のみ」をオンにして、選択している頂点のみをポリゴンリダクションの対象にすることができます。

左 ポリゴンリダクション前 / 右 選択頂点のみのポリゴンリダクション後

 

次回は強化されたメッシュ選択ツールについて紹介します。お楽しみに。


グレード別機能比較表

▲ページ上部へ