言語: 日本語 | English | 한국어

機能説明

Shade3D 公式

MENU

インターフェース

ここからShade3Dの様々な機能にアクセスします。

基本インターフェース
Basic
Standard
Professional
Shade3Dの基本インターフェースです。ワークスペース(上部左)ウインドウレイアウト(上部中央)ツールボックス(左上)ツールパラメータ(左下)コントロールバー(中央上部)四面図(中央)ステータスバー(中央下)ブラウザ(右上)統合パレット(右下)から構成されています。 用途に合わせてタブを切り替えたり各種ウインドウを表示して作業を行います。
ワークスペース
Basic
Standard
Professional
自由曲面やポリゴンメッシュなどのモデリングを行う3DCGモードとNURBS形状をモデリングするCADモードを切り替えます。
ウインドウレイアウト
Basic
Standard
Professional
レイアウト、モデリング、UV、3Dプリントなどその操作に必要なウインドウが表示されているウインドウレイアウトを切り替えます。
ユーザーがカスタマイズしたウインドウレイアウトの保存と呼び出しもできます。
ツールボックス
Basic
Standard
Professional
各種形状の作成、編集、ジョイントの作成など、モデリングに必要なツールが格納されています。それぞれの機能をタブで切り替えて使用します。
ツールパラメータ
Basic
Standard
Professional
形状の変換、記憶、掃引の他に形状作成時や移動複製時のパラメータを表示して数値でそれらの制御を行います。
コントロールバー
Basic
Standard
Professional
編集モードの切り替え、マニピュレータの表示、グリッドスナップ、オブジェクトスナップのオンオフ、図面表示の各種切り替え、メジャーツールや測定機能、カタログの表示など頻繁にアクセスするツールをまとめています。
四面図
Basic
Standard
Professional
形状を作成、編集する図面です。「上面図」「正面図」「右面図」「透視図」が標準で表示されており、「底面図」「左面図」「背面図」「UV」「2D図面」など必要に応じて図面ごとに切り替えて使用します。
ステータスバー
Basic
Standard
Professional
三次元カーソルの位置や移動の相対距離、使用している単位などの情報を表示します。
ブラウザ
Basic
Standard
Professional
作成した形状や読み込んだイメージ、マスターサーフェスなどが表示されます。パソコンのファイル構造と同じようにパート(フォルダ)にまとめてグループ化したり図面での表示非表示の切り替え、レンダリン対象とするかの切り替え、マーカーでの色指定、形状の検索、形状に対する情報の設定などを行います。
統合パレット
Basic
Standard
Professional
「カメラ」「無限遠光源」「背景」「表面材質」「形状情報」の各種パレットがまとめられています。上部のタブで切り替えて使用するほか、それぞれを切り離して使用することもできます。
ブラウザオペレーションメニュー
Basic
Standard
Professional
形状に付加する事でブーリアン処理や分割数の変更などを行う記号の付加や各種機能をポップアップメニューから選択して使用できます。
ナビゲーションツール
Basic
Standard
Professional
図面の固定倍率変更やスクロール、回転、ズームなどを行うナビゲーションツールがそれぞれの図面に搭載されています。
図面の切り替えポップアップメニューやカーソル位置の設定、シェーディングモードや図面表示設定を行うポップアップメニューも搭載されています。
透視図グリッド
Basic
Standard
Professional
カメラのズームに合わせてサイズを自動計算したグリッドを透視図に表示します。グリッドのサイズとスナップ値は透視図の右下に表示されます。
「透視図設定ウインドウ」でグリッドのサイズ、スナップの値を数値で指定できます。。
テキストボックス内四則演算
Basic
Standard
Professional
形状のサイズや移動距離などを数値で指定する場合四則演算式をテキストボックス内に直接入力して計算を行うことができます。
コマンドパレット
Basic
Standard
Professional
よく使用する機能を登録してオリジナルのパレットを作成できます。
ショートカット
Basic
Standard
Professional
Shade3Dの機能に独自のショートカットを割り当てることができます。
CtrlやShiftキーの組み合わせ、ショートカットのファイルへの保存、読み込みを行えます。
フォントサイズ選択
Basic
Standard
Professional
インターフェースで使用するフォントのサイズを「システム」「小」「中」「大」から選択することができます。
HDR表示
Basic
Standard
Professional
図面のリアルタイム表示、レンダリングイメージ表示をHDR表示します。
HDRコンテンツ制作時に高輝度イメージの白飛を抑え高輝度イメージをリアルタイムに編集・プレビューすることができます。

HDR表示に対応したOS、GPU、ディスプレイでの環境下で使用できます。

4K対応
Basic
Standard
Professional
画面解像度 3,840 x 2,160 ピクセルの広い表示領域を持つ 4K モニタなど、大画面での快適な作業空間を実現する高解像度モニタでの表示に対応しました。

▲ Page Top ▲

▲ページ上部へ